ブランクありでもナースに復職したい!

看護師の資格は持っているけれど、女性の看護師であれば結婚・出産・育児・介護など家庭の事情でやむを得ず退職される方も多いですよね。

 

一段落ついたので、復職しようと思っても医療の進歩は早いですので、仕事についていけるだろうか、仕事はあるだろうか、と悩まれる方も多いと思います。

 

でも、せっかく苦労をして取得した資格ですから、無駄にする事はありませんよ。

 

休職期間が1〜3年ではブランクのうちには入りません!

 

中には、10年以上のブランクがあっても復職してバリバリと働いている方もおられます。

 

それほど、ナースのお仕事は復職しやすい職場だと言えます

 

 

 

日々進歩する技術や知識が必要な看護の世界で、ブランクがあっても復職が難しくないって本当でしょうか?

 

復職はしやすいですが、そこにはやはり理由があります。看護業界は常に人手不足に悩まされています。

 

現役ナースとしてお仕事をされていた時にも、職場のナース不足で忙しく勤務されていた記憶はないでしょうか。

 

看護師が活躍する場、必要とされている場は医療現場だけではなく、介護、教育等、様々な分野に広がっていますので、以前よりもますます人で不足は深刻になっています。

 

ですから、看護師国家資格を所有される方ならば、ブランクを問わず必要としている職場がたくさんあるという事なのです。

 

 

 

■ブランクのある看護師の復職に大切な条件

 

 

 

復職を希望されるブランクありの看護師で一番多いのは、育児にひと段落のついた女性が多いでしょう。

 

一段落といっても、小学生や中学生になってからではなく、普通であれば保育園や幼稚園に通園させるような年頃の子供を持つ方が多いですので、子供を預けられる場所があるかどうか、という事が一番重要なポイントとなってきます。

 

病院内に託児所が併設されていたり、付近の保育園や託児施設と病院が提携していれば、復職もしやすいですよね。

 

場合、通常の保育園に預けるよりも安く預かってもらえる事が多いという点も復職したい気持ちの後押しになりますね。

 

 

 

 

高校生ぐらいまでの学校へ通うお子様がおられる方は、日勤のみで働ける職場はとても魅力的ですよね。

 

お子様と同じぐらいか少し後ぐらいに出勤し、お子様たちが帰ってくるまでには帰宅して食事の準備もできていればお子様ともゆっくりと時間をとる事ができますね。

 

最近では、医療現場だけでなく、介護などの福祉の現場で日勤の看護師求人がとても増えているんですよ

 

”残業がない”、”15時まで”などどうしてもこれだけは外す事ができないという条件をしっかりと整理して自分に合った求人を探してみると良いでしょう。

 

 

 

■復職の際に忘れがちな重要ポイント

 

 

 

看護師が職場へ復帰する際の条件として意外と見落としがちになってしまう事として、通勤方法が挙げられます。

 

病院から自宅まで、どれぐらいの距離があって、どのような交通手段で通勤するのかという事です。

 

方法としては、バスや地下鉄などの公的手段か、自動車や自転車などが考えられるかと思いますが、託児所に預かるような小さなお子様が居る場合には自動車通勤が一般的になるでしょう。

 

そのような場合、駐車場は確保していただけるのか、院外の託児所や保育園に預ける事になる場合、送迎にどれぐらい時間がかかるのかといった事も調べておく必要があります。

 

また、交通費が支給してもらえるのかなど、自分の希望通りの交通手段で通勤できるのかという事もしっかりと確認をしておいてください。

 

 

 

看護師が仕事に復しようと考える時、やはり色々な条件が頭に浮かんできますよね

 

もちろん、自分がどうしても譲れない条件をきちんとまとめて、その条件で絞り込んで探した方が、自分の希望にそった職場を見つける事ができます。

 

しかし、その条件があまりにもたくさんありすぎると、求人が見つからない事もありえます

 

ですので、どうしても譲れない条件という物は、始めは3つぐらいに絞った方が良いでしょう。

 

その他の条件については、先ほどの3つの他にも条件が当てはまればいいな、ぐらいの気持ちでいた方がたくさんの求人をみつける事ができます。

 

 

■ブランクありの看護師の現実を教えて!

 

 

 

看護師が復職をする際に長期間のブランクがあった場合、職場に上手く馴染めなかったり、仕事をすぐに覚えられない、自分が覚えてきた技術では役に立たない、といった理由ですぐに退職をされてしまう看護師がかなり多くいます。

 

自分だけ”ブランクがあっても何とかなるだろう”という軽い気持ちで復帰をしてしまうと、自分の力を発揮できないまま失敗をしてしまう事が多々あります

 

再就職する職場がブランクのある看護師に理解があり、研修や教育などの受け入れ体制の整っている職場を探す必要があります。

 

 

 

やはりブランクありの看護師では仕事に復帰するのは難しいのだろうかと後ろ向きな考えになる必要は全くありません。

 

ブランクのある看護師の為に研修を開いている病院はたくさんあります

 

そういった研修に積極的に参加し、自分の持っている技術はどれぐらい通用するのかという事を認識し、昔と今の技術や知識を知り、しっかりと学んでいくうちに自信もついてくるでしょう。

 

最近は医療分野以外でも、看護師は人気の求人となっています。

 

また、ブランクの期間に経験した事や身につけた知識なども人間として大きな魅力の一つとなっている事でしょう。

 

看護師という資格は多くの分野でひっぱりだこの資格ですので、自信をもって復職に踏み出してみてくださいね。